Top >  てんかんの知識を深めよう >  公費負担を受けられるまでの流れ

公費負担を受けられるまでの流れ

さて、ここでは、

てんかんの治療費が安くなる、公費負担を

受けられるまでの話をしたいと思います。


どのような流れで、申請が出来るかと言いますと、

まずは、公費負担の存在を知っておかなければなりません。


知った上で、お医者さんに受けられるかどうか

聞いてみるのが、第1です。

(てんかんに罹ったとなれば受けられると思います)


受けられると言われれば、

次は、市役所に行くことになると思います。


僕の場合は福祉課の方でやってもらったようですが、

市によって変わってくると思いまので、

市役所の指示に従うのが一番でしょう^^


そうしたら、診断書の方を病院で貰ってきてください。

と言われるので、診断書を貰い、市役所に持っていきます。

市役所で用紙を書いて申請をしないといけないと思います。


これも、市によって違ってきますので、

その市の市役所の指示に従いましょう。


公費負担の申請が終わって

2ヶ月後くらいに適用となるようです。


申請が終わるまでに、

てんかんのことで病院に通院した時の費用はどうなるのか?

となりますね?ご安心ください^^


本来減額される費用分は返済される仕組みになっています。


公費負担の更新は、

今は年に1回しなければならないシステムになっています。

(前までは2年に1回だったようです)


なので、申請して1年が経ったのであれば、

また、お医者さんに診断書を貰って、

市役所に行き公費負担の更新をしなければなりません。


これも、覚えておいた方が良いことだと思います。

         

てんかんの知識を深めよう

病気ですと、症状、対処法はもちろん知っておきたいことですが、
それ以外にも、知っておきたい事って、結構ありますよね?

てんかんにおける、結構知っておきたいことを、
ここで書きたいと思います。

このカテゴリ内の記事


てんかん患者への公費負担
公費負担を受けられるまでの流れ
てんかんの検査にはどんなものがあるのか?
脳波検査について
てんかんでも運転免許はとれるのか?
てんかんの人が車事故を起こした話し
てんかんって治るものなの?
てんかんが完治するまでの流れ
てんかんの原因
てんかんで障害となり得ることは?
てんかんは医師の指示の基に行動しましょう
てんかんと飲酒
てんかんの発作の種類