Top >  てんかんと薬のこと >  てんかん薬の副作用について

てんかん薬の副作用について

てんかんと分かれば、絶対に飲むであろう薬があります。

それは、『テグレトール』という薬です。


僕もてんかん持ちですので、

この薬を服用して約9年間が経っています。


この薬の副作用は、

そんなに厄介なものではないのですが、

場合によっては、厄介になり得る副作用です。


テグレトールの副作用には、

『眠たくなる』という副作用がります。


薬に慣れてきたら、そんなに眠くなることはありません。


しかし、薬を飲み始めた頃や、

薬の量を増やしたときなどは、

『眠たくなる』という副作用があります。


なんだ・・・眠たくなるだけか。


と、テグレトールの副作用を軽く考えませんでしたか??


上記で厄介な副作用になり得ると書きました。


なり得る状況というのは、どういった場合かというと、

勉強をし続けなければならない状況である時、

つまり受験をひかえているという時ですね。


そういう時は、本当にテグレトールの副作用が、

邪魔に感じて仕方がありません。

かといって、この薬を飲まないわけにはいきませんしね^^;


勉強したいのに副作用がきたと言うときは、

無理して、勉強はしない方がいいと思います。


無理して、勉強しても効率が悪いと言うことだけでなく、

脳の負担というのもありえますから。


うっとうしい副作用なのですが、

上手いこと向き合っていかなければなりません。


自分なりの副作用の対処法を見つけていくといいですね^^

         

てんかんと薬のこと

てんかんは本当に薬というのが、大事になってきます。

その薬その物の紹介はしていませんが、
どういったことを、薬に関することで気をつければいいのか、
書いていますので、参考にしていただければいいと思います。

このカテゴリ内の記事


てんかん薬の副作用について
てんかんの薬について
てんかんは薬でコントロールできる




てんかんの症状・対処法についてのメールセミナー てんかん患者が教える【てんかんの症状・対処法講座】
リアルに届けます
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録