Top >  てんかん患者だから言えること >  てんかんに罹ったときに・・・

てんかんに罹ったときに・・・

どのような長年付き合わなければならない病気でも、

そうかもしれませんが、、、


友達とかに自分がそういった病気に

罹っているということを、

言うか言わないかというのを悩むと思います。


僕もそうでした^^;


僕はどのようなタイミングで言ったか

というとうことを、

書いていこうと思います。


僕自身の話で書きます。


僕がてんかんを発病したのは小学5年生の頃です。


しかし、友達にてんかんの事を話したのは、

1人を除いたら、高校生になってからです。


その1人というのは、

僕が痙攣を起こして救急車に運ばれた時に、

一緒に遊んでいた子でしたので自然と知っていました。


何故、高校生になるまで話せなかったのか?


中学生の後半とかになったら、しっかりと、

てんかんのことについて理解はしていました。


逆に理解したことによって

話したらどうなるか・・・

と思うようになったんですね。


そういうことから、

何か僕に対して見方が変わってくるのではないだろうか

と思っていましたので、話せませんでした。


ですが、高校生にもなると、

友達と時間を共有することが多くなりました。


そうなると、さすがに話すのも義務であり,

話す必要があると考えて、

自分の病気のことを告げました。


結局は何も僕に対する見方は変わりませんでした^^


無理にとは言いませんが、

てんかんに罹っているお子さんが居るのであれば、

友達とかに話すように促してみてはどうでしょうか?


友達に話すと言うことは、

出来るだけ早いほうが良いです。


本当の友達であれば、

絶対に見方なんて変えてきませんから、

大丈夫です^^

         

てんかん患者だから言えること

てんかんのことを、しっかり書いています。

主に、経験的な部分を集めて書いているので、
他では見られないてんかんの情報が
見つかるかもしれません。

このカテゴリ内の記事


知り合いが『てんかんなんだ』と言ってきたら
てんかんに罹ったときに・・・
てんかんになってしまったら、外向的になってほしい・・・
てんかんと地震は同じような現象らしい!
てんかんを知るなら経験談聞こう!
神経を削りすぎててんかんに・・・
てんかん持ちの偉人がいた!




てんかんの症状・対処法についてのメールセミナー てんかん患者が教える【てんかんの症状・対処法講座】
リアルに届けます
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録