Top >  てんかん患者だから言えること >  神経を削りすぎててんかんに・・・

神経を削りすぎててんかんに・・・

これは、聞いた話なのですが、

神経を削りすぎて、てんかんに

なってしまった人がいるようです。


どういったことから、神経を削りすぎて、

てんかんになったかと言いますと、、、


よくありがちなパターンなのですが、

姑の言葉による攻撃からきたものらしいです。


その人に、前からてんかんの症状は少しでもあったのでは?

と思うかもしれませんが、、、


その人曰く、


そういった症状は何もなかった。


結婚して姑と暮らすようになってから、

急にてんかんの症状である、

痙攣が出てしまったとのことです。


不安ごとが多かったり、緊張することが多かったり、

また、嫌なことを言われたりすると、

神経が削れるという言葉を使うと思います。


まさに、姑の言葉により神経を削られ、

てんかんに罹ってしまったという人は、

嫌なことを言われ続けて、神経を削り続けたわけですね。


神経を削ることは、その出来事だけで終わりというわけでなくて、

将来的に、何かの病気になる可能性だって有るわけです。


今回紹介しているのは、

神経を削り続けて、てんかんになってしまったという話ですが、

神経を削り続けると、他の病気にもなることも考えられます。


神経を削ると言うことは、非常に怖いことですね。

         

てんかん患者だから言えること

てんかんのことを、しっかり書いています。

主に、経験的な部分を集めて書いているので、
他では見られないてんかんの情報が
見つかるかもしれません。

このカテゴリ内の記事


知り合いが『てんかんなんだ』と言ってきたら
てんかんに罹ったときに・・・
てんかんになってしまったら、外向的になってほしい・・・
てんかんと地震は同じような現象らしい!
てんかんを知るなら経験談聞こう!
神経を削りすぎててんかんに・・・
てんかん持ちの偉人がいた!




てんかんの症状・対処法についてのメールセミナー てんかん患者が教える【てんかんの症状・対処法講座】
リアルに届けます
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録