Top >  てんかんの症状 >  てんかんの症状からの危険回避

てんかんの症状からの危険回避

てんかんの症状は数多くある病気の中では、

そんなに重いイメージは僕にはありません。


痙攣を起こして気を失う程度で、

てんかんの症状自体は、

そんなに怖くはないかな?って思っています。


ですが、てんかんの症状というのは、

症状が出るタイミングによっては非常に怖い物なんですね。


例えば、信号が変わって横断歩道をわたっている最中に、

全身痙攣を起こして気を失ったらどうしますか?


周りに人がいれば、それなりに対処をしてくれるかもしれません。

ですが、周りに人が居なくて、夜とかで暗かったらどうしますか?


車を運転している人が気づくのは、

ぎりぎりのところではないでしょうか?


僕は今までにそういった危ないタイミングで、

てんかんの症状が出たことは無いのですが、


上記のようなタイミングで、

てんかんの症状がでるかもしれない、

と考えれば、ゾッとします。


こういった事を考えますと、

出来る限り誰かと行動をしていた方がいいんですよね。


僕の場合小学生、中学生の頃は、

ほぼ毎日友達と帰るということをしていました。

この時期が一番てんかんの状態が安定していませんでしたので。


ある程度てんかんの方が安定してきたら、

必ず誰かと行動を共にするということは、

必要ないかもしれませんが。。。


誰かと行動をするというのは、

どちらにしろ安心感をもたらしてくれますね。

         

てんかんの症状

ここでは、てんかんの症状について説明しています。
基礎的な症状から、あまり知られていない症状を、
書いていますので、てんかんの症状について知りたい方は必見です。

このカテゴリ内の記事


てんかんの症状について
「急に記憶がとぶ」症状について
「遠くの物が急に迫ってくる」症状について
てんかんは緊張していないと起こりやすい??
てんかんの症状からの危険回避