Top >  てんかんの対処法など >  てんかんの発症時の観察点

てんかんの発症時の観察点

てんかん持ちの知人や配偶者、子供にいるのであれば、

てんかんの症状が出たときに優れた観察者になった方が、

その人にとって、非常に良いことです。


何故良いことになるのかと言いうと、

てんかんの症状を起こした本人だと、

どうしても、その起こしたときのことを覚えていません。


覚えていたとしても、曖昧であったり、

正確でない場合があります。


曖昧な情報をお医者さんに伝えるより、

観察の留意点を知った上で観察された情報の方が、

断然お医者さんとしても助かる部分があるんです。


どういった点を注意して見れば良いかというと、

まず、「どういった状況で、てんかんの症状が出たか?」


例を挙げるのであれば、

何かしている最中に症状があらわれたのか、など。


次に注意して観察しなければならない点は、

「意識が失われているかどうかという点。」


そして、「痙攣の有無」を見ます。

痙攣がもしあったら、

その痙攣の発作時間を正確に計ります。


こういった事に気をつけて観察すれば良いと思います。

観察する時の注意として、

あわてず、正確にというのがあります。


もし、知人がてんかんの症状を起こしたとしたら、

その人のためを思って、観察してあげてくださいね^^

         

てんかんの対処法など

てんかんの症状がでたら、どうするのか?
また、てんかんに関することでの、
症状以外の部分での対処法も書いてます。

色々と参考になる部分があるかと思います。

このカテゴリ内の記事


てんかんの症状が出ないようにするために何かできないの?
てんかんの早期発見のために
てんかんの発作を起こさないために・・・
てんかんの発症時の観察点
てんかんの症状が出たときの対処法
てんかんは長く付き合っていかなければならないもの