Top >  てんかんの種類 >  ミオクロニー失立発作てんかん

ミオクロニー失立発作てんかん

ここでは、てんかんの1つである、

ミオクロニー失立てんかんについて紹介したいと思います。


ミオクロニー失立てんかんを発症する年齢は、

生後7ヶ月から7歳までとされています。


その中でも特に2歳から5歳が症状の

ピークとされているようですね。


このてんかんの特徴としては、

男児と女児とで比べると、断然に

男児の方がなりやすいてんかんとされているようです。


数字で表しますと、男児の方が2倍近く

なりやすいてんかんとされているようですね。


男の子を持つ親御さんだと、少し不安になるかもしれませんが、

この失立てんかんに罹った半数以上の子供は、

完全寛解されているので、安心してくださいね。


一番知っておかなければならない症状としては、

一瞬、左右の手を拳上させ、

それと同時に首と下肢の脱力があるようです。


これらが、起こる前兆として、

強直間代発作を起こすことがあるようです。


どういった発作が起こったのか?

これを、お医者さんに伝えるのと伝えないのとでは、

大きく違ってくることがあります。


また、どういった症状であったかということを伝えるのには、

それなりに、知識がないと難しいことですので、

こういったてんかんの症状を覚えておくのも良いと思いますね。

         

てんかんの種類

てんかんには、結構な種類が存在します。
ここでは、ほんの一部分になるのですが、
どういったてんかんがあるのか紹介しています。

このカテゴリ内の記事


レンノックス・ガストウ症候群
ミオクロニー失立発作てんかん
小児欠神てんかん
点頭てんかん(ウェスト症候群)
乳児重症ミオクロニーてんかん




てんかんの症状・対処法についてのメールセミナー てんかん患者が教える【てんかんの症状・対処法講座】
リアルに届けます
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録