Top >  てんかんの種類 >  点頭てんかん(ウェスト症候群)

点頭てんかん(ウェスト症候群)

ここでは、てんかんの種類の1つである、

点頭てんかん、別名ウェスト症候群について紹介します。


点頭てんかんの発症年齢は、

生後4ヶ月から1歳頃の小児だとされています。


症状の方は、急に両手を上に突き上げ、

前屈させるような発作が特徴で、

寝て起きた時や眠たい時に起こるものです。


1回8分から15分の間に、

上記のような症状が1

5回から30回くらい起こるようです。


こういった発作が1日に数回起こるようです。


点頭てんかんは乳児で起こるてんかんの中で、

最も悪質なてんかんと位置づけられていて、

高い確率で、精神運動発達障害を残すようです。


精神運動発達の障害ですが、

今まで出来ていたことが、

できなくなったりすることを指します。


例えば、座ることが出来ていた子が、

点頭てんかんが発症したことにより、

出来なくなったとかですね。。。


先ほど言ったように、点頭てんかんには、

高確率で精神発達障害が見られると書きました。


数字でいうと、90%以上もの数字です。


きついようですが、ほとんどの確率で、

精神発達障害が見られてしまいます。


点頭てんかん自体は、2歳から3歳の間で

消えるようですが、点頭てんかん以外のてんかんへ

移行することが多いとされています。


ここで重要なのは、発作が消えたからと言って、

精神発達障害が消えるとは思わないこと。

知能が良い方向へと向かうとは思わないことなんです。

         

てんかんの種類

てんかんには、結構な種類が存在します。
ここでは、ほんの一部分になるのですが、
どういったてんかんがあるのか紹介しています。

このカテゴリ内の記事


レンノックス・ガストウ症候群
ミオクロニー失立発作てんかん
小児欠神てんかん
点頭てんかん(ウェスト症候群)
乳児重症ミオクロニーてんかん