Top >  てんかんの種類 >  小児欠神てんかん

小児欠神てんかん

ここでは、6歳から7歳がピークとして出る、

小児欠神てんかんについて説明します。


このてんかんは、何の前ぶれもなく発症するもので、

それまでに成長してきた過程で、

発達における異状はみられないようです。


小児欠神てんかんの特徴としては、

女児の方が、なりやすいようです。


小児欠神てんかんの症状としては、

意識がボーっとしたり、突然動作がとまったりと

することが、数多くあるようです。


しかしながら、小児の間は痙攣を起こして、

突然倒れたりすることは、極々稀のようですね^^


突然倒れたりすることが、極稀だと言うことだけでも、

親御さんとしては、安心できるのではないでしょうか?


何回も言っているように、突然倒れるということが、

本当に、てんかんに置いては怖いことなんです。


それが、稀だと言うことは、

安心材料になるとは思います。


このてんかんのことで気をつけて欲しいことは、

思春期頃に全般性強直発作がでる可能性が

高くなると言うことです。


強直発作というのは、

急に筋肉がギュッとなるような発作です。


この発作が終わると、

急に力が抜けてバタンと倒れることがあります。


強直発作のようなものは、小児欠伸てんかんでは

ほぼないと考えず、可能性として、

起こることもあると頭に入れておいてください。


頭の中で準備しているのと、していないのとでは、

気持ち的な部分で、大きく違ってきますからね。

 

         

てんかんの種類

てんかんには、結構な種類が存在します。
ここでは、ほんの一部分になるのですが、
どういったてんかんがあるのか紹介しています。

このカテゴリ内の記事


レンノックス・ガストウ症候群
ミオクロニー失立発作てんかん
小児欠神てんかん
点頭てんかん(ウェスト症候群)
乳児重症ミオクロニーてんかん